ハーイ!!!キャプテンカルボです。
調子はどうですか?
ちなみにカルボとはタガログ語で「ハゲ」という意味です。

特別養護老人ホーム(以下特養)の入所の要件は「常時介護が必要で、自宅での介護が困難な方」が入所の対象となり、以前は要介護1~5までの方が入所の対象でしたが、介護保険改正により平成27年の4月1日以降は「要介護3以上の方」が入所の対象となりました。「常時介護が必要」とは要介護3以上と言い換えることができます。

基本は要介護3以上の方が入所の基準にはなりますが、入所を希望される本人と家族の状況に特別な事情があった場合に入所が認められることで「要介護1もしくは要介護2の方」でも入所ができるという「特例入所」というものがあります。

今回は特例が認められるための条件や、「特例」が認められても入所が許可されない事例など、特養の「特例入所」について解説したいと思います。

<介護保険>介護の状態を示す要支援・要介護状態ついて徹底解説します。

特例入所の要件

①認知症であることにより、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さが頻繁にみられ、在宅生活が困難。

② 知的障害・精神障害等を伴い、日常生活に支障を来すような症状・行動や意思疎通の困難さ等が頻繁に見られ、在宅生活が困難な状態。

③家族等による深刻な虐待が疑われる等により、心身の安全・安心の確保が困難な状態。

④単身世帯である、同居家族が高齢又は病弱である等により、家族等による支援が期待できず、在宅生活が困難な状態。

上記4つのような状態が一つでもあり、総合的に勘案して在宅生活が困難であり、他の介護サービスの利用が困難であることが特例入所の要件になるとのことです。

ポイントは認知症や障がいのために日常生活に支障をきたすような症状や行動がみられるため、在宅生活が難しいことが要件になるという事です。

例えば、特例の対象となる高齢者が独居生活を送っていたり家族介護者が昼間は常にいない状態で、鍵の閉め忘れや火の後始末ができないことが目立つ、外出しても道に迷い、自力で家に帰ることができなくなり、警察の世話になるなど、ある程度は自分でできることがあるように見えても、あきらかに危険な事柄や社会で生活していくうえで周りに何かしらの手間をかけてしまうため、このまま在宅で生活を送っていくのは難しいと判断される人は要介護1、2でも特養への入所要件を満たすという事です。

特例入所の申し込み方法

要介護1、2の入所希望者から入所申込書を受け取った特養は、特例入所についての説明を入所希望者に行うと共に、必要書類を受け取りその書類を自治体に提出する必要があります。

特養に入所するにあたっては段階があり、あくまで要介護3以上の方で自宅介護が困難な方が優先して入所できるという決まりがあるため、入所するまでには段階を踏む必要があります。

特例入所も同じく、段階を踏む必要があり、介護保険の保険者である自治体に確認する必要があるのです。

要介護3以上の方の入所に当たっては、その都度自治体に確認せず施設の指針に基づいた基準で入所を決定できますが、特例入所に関しては自治体に確認する必要があるというのが大きな違いです。

特別養護老人ホームの入所方法・入所困難な理由・費用などを徹底解説

 

特別養護老人ホームに新入所される利用者の決定方法と過程について解説します。

 

特例入所のために用意する書類

入所希望者から提出してもらう書類
・特例入所の申込書(自治体によって参考様式や名前が違います)
・標準の入所申込書(自治体によって参考様式や名前が違います。)
・介護保険被保険者証のコピー
・認定調査票・特記事項など本人の認知症や障がい等による日常生活上に支障をきたす症状や行動がわかる資料

入所希望者から上記の書類を提出をしてもらうと共に、特養側も「特例入所意見書(自治体によって参考様式や名前が違います)」を保険者である自治体に提出する必要があります。

1か月ほどの間は自治体からの返答を待つかたちになります。

自治体から許可が出ることで、要介護1、2の方でも特養に入所できるという流れになります。

特例入所の要件を満たしていても入所できないケースについて

特例入所の要件を満たしていても入所できないケースがあります。

私が特例入所を申請したケースですが、要介護1の独居生活を送っていた90代の女性のAさんの事例です。

家族が遠方に住んいる方で、Aさん自身は認知症があり火の後始末や冷蔵庫の中の食品の管理ができず、火事や食中毒の恐れがあったため、緊急的にショートステイをロングで利用されていた方でした。

その方は自宅の近くである私が勤める特養を気に入って下さっており、家族もできれば入所することを望まれていたため、特例入所を申請したのですが、自治体からの返答としては、Aさんとしては特例入所の要件は満たすものの、自己負担は2割であるなど、経済的に余裕がある方であるため他の有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅という選択肢もあるため、特例入所は認められませんということでした。

Aさん自身は家族と一緒に3つほど有料老人ホームの見学に行ってはいましたが、自宅から遠いという事もあり、有料老人ホームへの入所は希望しませんでした。

自分が長い間生活してきた地域で住み続けることを望み、特養への入所を希望しましたが、経済力が理由で断られるという事例でした。

自宅での生活や介護が困難な方であっても、経済力がある方は選択肢があるため、特養には入りにくいという事例であったように思います。

まとめ

いかがでしたか?

基本的に特養は要介護3以上の方しか入所できませんが、入所を希望される本人と家族の状況に特別な事情があった場合に入所が認められることで「要介護1もしくは要介護2の方」でも入所ができるというのが「特例入所」というものになります。

要介護が1、2というと比較的自立度が高いと思われますが、自立度だけでは日常生活上の支障というものは図れないという事です。

本当に自宅での生活が困難な方が特養に入所できるという決まりがある以上は要介護状態の重さでは一概に判断できないというのが特例入所の意義であるという事です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは良い1日を!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA