ハーイ!!!キャプテンカルボです。
調子はどうですか?
ちなみにカルボとはタガログ語で「ハゲ」という意味です。

介護の仕事をしている中、あなた自身が仕事中にイラついたり、他人がイラついていると感じる事も多いのではないでしょうか?

誰でもイラつくことはありますし、イライラする時というのは、「突発的なことがあり、効率的(自分のイメージした通り)に物事が運ばず、仕事が増えたと感じる時」や「体調が悪い時」「精神的に落ち込んでいる時」が多いかと思われます。

その原因は余裕がないということです。

今回はイラつきのタイミングや原因、イラつきの予防について考察していきたいと思います。

イライラする時

①突発的なことがあり、効率的(自分のイメージした通り)に物事が運ばず、仕事が増えたと感じる時」

状況にもよりますが、効率的とは裏を返せば「手間を省く」=「ずるをする」という解釈にもなります。

ただ、限られた人数で多くの利用者を介護する介護職であれば、時に効率を考えないと利用者の事故につながってしまうケースや、生活を支える上で支障になってしまうことも時にはあるため、先のことをイメージしながら仕事をこなすことは状況によっては必要です。

そのように効率的にものを考える人は、自分の想像したイメージした段取りの通りに物事が進まないと、「余計な仕事増える」「できる限りしんどい思いをしたくないのになんで邪魔をするんだ」という怒りの感情が生まれ、イラつきの原因となります。

(例)
・おむつ交換中にナースコールが2部屋以上からなる。
・集中して床の掃除をしていた時に利用者が床にお茶をこぼす。
・新人を指導している際にその新人が同じ間違いを犯す。言ったことを守っていない。
・職認知症高齢者の排せつ介助を行う際にその利用者が不衛生であるという認識ができず、失禁したパッドを触ろうとする。
など、あげればきりがありません。

②「体調が悪い時」

「熱がある時」「だるい時」「疲労がたまっている時」「二日酔いの時」など、自分自身の身体に余裕がない時にやるべきことが多かったり、周りからお願いをされることに対し、思うように体が動かないもどかしさと、肉体的な疲労から怒りの感情が生まれイラつきの原因となります。

③「精神的に落ち込んでいる時」

誰もが職場やプライベートでそれぞれの問題や悩みを抱え、精神的に安定していない時は、周りの言動や行動に対しイラついたり、そのようなときに「体がしんどい私が一生懸命働いているのに、なんで周りは動かないんだ」「面倒なことっばかりわたしにおしつけて」など精神状態の起伏から怒りの感情が生まれイラつきの原因となります。

イライラする原因

上記すべてに当てはまることは「怒りの感情が生まれることで、自分自身に余裕がなくなっている」ということです。

身体がしんどかったり、落ち込んでいる時などは自分のことで精いっぱいで周りの言動や行動に対して被害的にしかとらえられないという余裕のなさが伺え、自分のイメージ通りに物事が進まない時は、効率だけを考えてしまい、仕事が増える事だけを意識してしまうという、自分自身の時間的な余裕のなさが怒りを生み、イラつきの原因となっているのが特徴かと思われます。

イライラしないために

まずは健康管理が大切です。利用者を介護する上では、介護する職員が健康であることが前提条件ではありますし、すべての介護職も自分自身のことで精いっぱいであるため、周りをいつも気遣えるわけではありませんので、自分の健康を管理することが一番の仕事ではないかと思います。

自分自身の健康管理を集中して行うことが、周りに対してもイラつかず、結果的に自分が嫌な思いをしてしまわないための一番の近道です。

又、時間的な余裕のなさに関しては、周りをいかに信頼して、周りと協力をしていこうという意識が大切になってきます。

突発的なことは毎日起こります。それは人間を相手にしている以上は当然です。
それがわかりつつもイライラしてしまう気持ちもわかりますが、「時間通りに終わらせなければいけない」という意識をまずは捨てましょう。

そして、残ってしまった仕事に関しては、引き継いだ職員に気持ちよくお願いし、気持ちよく引き受けてもらえるような人間関係を構築することが、結果的に自分自身がイラつかず、ストレスをためないうえでは大変重要なことです。

「もちつもたれつ」の意識で協力し合うことがチームワークです。そのためには信頼関係を構築する努力がお互いに必要になってきますし、それが一番のイラつき予防ではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?
冒頭でも述べたようにイライラすることは誰でもありますが、原因を知り、予防をすることでイラつきを予防していくことが、ストレスをためないための方法であり、周りと信頼関係を気づく上でも大切です。

余裕のなさがイラつきを生むため、余裕をもって仕事をするために自分自身の健康管理や周りとの信頼関係を構築していくことがあなたがイラつかずに働くことができる方法かと思います。

もちろん私自身もイラつくことはありますが、常に上記のことを意識し、予防に努めていきたいと思います。

あなたがイラつかずに余裕をもって楽しく仕事ができることを祈ってます。

それでは良い1日を!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA