ハーイ!!!キャプテンカルボです。
調子はどですか?
ちょうど1年ほど前に4人の外国人と「2か月半で誰が一番痩せられるのか」という賭けを行いました。
結果、2か月半で20kgほどの減量に成功ししました。
【必読】2か月半で20kg痩せたダイエットの方法を解説します!!!

・ダイエットで結果を出したい。

・自分にもできそうなダイエットのための習慣が知りたい。

・自分のペースでダイエットをしたい。

今回は、上記のような方の期待に応えられるような5つの習慣を紹介します。

ダイエットに効果的な5つの習慣

①分食の習慣

まずは分食です。分食とは朝食、昼食、夕食といった1日3食の食事をさらに細かく分けることを言います。
通常は
朝食・・・8時
昼食・・・12時
夕食・・・18時
だとしたら、分食はさらに2食もしくは3食を追加します。

「えっ?食事時間を増やすの?太るんじゃない?」と思った方も多いことでしょう!
そうなんです。食事回数を増やすんです!!!
が、しかし、ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーです。
つまり、食べる量(摂取カロリー)が動く量(消費カロリー)より多くなると
人間は確実に太るんです。
ですので、分食にするとしてもカロリーを取りすぎないように分食するのが大前提なのです。
仮に朝食に400キロカロリー、昼食に900キロカロリー、夕食に1000キロカロリーとして1日3食の合計は2300キロカロリーになります。
それを
朝食・・・7時
分食・・・10時
昼食・・・13時
分食・・・16時
夕食・・・19時
というように、それぞれ5食に分けたとして、それぞれ400キロカロリーを取ったとしましょう。
すると合計は400キロカロリー×5食=2000キロカロリーになり、上記の3食食べた時よりも300キロカロリー少なくなります。
※体重1kgを減らすのに必要なカロリーは7200キロカロリーと言われていて、分食を取り入れて1日300キロカロリーずつ減らすことができれば、24日間で1kg体重を減らすことができるのです。

これがダイエットの基本的な考え方です。

分食を習慣とすることで、それぞれの摂取カロリーを減らせば、より多くの1日の摂取カロリーを減らすことも可能です。
この方法は1番取り組みやすく、試す価値がある習慣だと思います。

②毎日自分にご褒美を与えない習慣

人間頑張って働いている分、食事にはこだわる方がほとんどなのではないかと思います。もちろん私もそうで、おいしいものが大好きです。食べるために働いてます。
ですが、賭けダイエットを行った際は賭けに負けたくない一心でダイエットに取り組みました。その際に気づいたことは「毎日自分にご褒美をあげるのは自分にあますぎないか?」と…。

毎日クリスマス会や誕生日会をやらないということと同じ発想です。毎日だと特別感はないですよね?
特別な日がそれぞれ決められているように、自分が贅沢をする日(自分にご褒美をあげる日)を毎日から、多くても1週間に1回という決め事を設定することで逆にそれが「1週間後に大量のステーキが食える」とか毎日の筋肉トレーニングを集中して行えるきっかけになりました。

1年に1度の楽しみだからこそクリスマスや誕生日は特別で、あえて食べたいものを食べる贅沢デイを1週間に1回にするという習慣はモチベーションが上げるのに役立ちます。

③おやつの代わりにたんぱく質が多く含まれる食物を食べる習慣

主に空腹時や分食、間食の際におやつを食べることは悪いことではなく、空腹を我慢してストレスをためてしまうことがダイエットが失敗する1番の原因だと私は思います。
ですが、空腹時や分食、間食には何を食べるのかが超重要になってきます。

私の場合、大好きなチョコレートは控えました。主にゆで卵や豆腐、サラダチキン、サラダサーモン、プロテインバー、ギリシャヨーグルト(オイコス)など、たんぱく質含有量が豊富なものを摂取する習慣をつけました。又、どうしてもチョコレートが食べたい時はチョコレート味のプロテインバーを愛用していました。
たんぱく質を取る理由は、たんぱく質が筋肉の材料となり、筋肉がつくことで基礎代謝を上げ、痩せやすい体質(太りにくい体質)を作ることが目的でした。

④成分表を見る習慣

買い物に行く際、今まで適当に購入していたものでも、ダイエットを始めたなら成分表を見て買い物をすることを習慣化することが大切です。
なぜならダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーだからです。
何気なく購入していたものが、無駄にカロリーや糖質、脂質が多いものを安いからと言って購入しているものなので、価格とを見つつも、成分表も同時に見ながら食品を購入する習慣をつけることができれば、必ずダイエットの成果がみえます。

⑤夜は炭水化物を控え、たんぱく質を多くとる習慣

5つ目の習慣は、夜は炭水化物を控え、たんぱく質を多くとる習慣です。

これが一番つらかったですが、習慣化すれば最高に結果が出ます。私は白米が大好きですが、もちろん白米は糖質が多くカロリーも高いです。
糖質をある程度制限することはダイエットへの最大の近道です。
炭水化物愛好家であれば最初は苦しいですが、少しずつ減らしていく習慣さえつけば、食べなくても平気になります。

ダイエットを成功させる上での習慣の大切さ

あいさつの話になりますが、お年寄りが「最近の若者はあいさつができない」とか怒っていることが多々ありますが、あれはあいさつをする習慣がなかったからこそ自然にできないのです。
当たり前のようにあいさつをする人たちから見れば不思議でしょうがないと思います。
すべては習慣化することで自然と継続できるようになるのです。
習慣は面白いですよ!!!
習慣化できるまでが勝負なんです。

まとめ

5つの習慣について紹介してきましたが、すべて行う必要はなく、自分のペースで、自分にできることから行っていくことが重要です。
空腹以外にも強制されることは人間としてストレスを感じるため、自分が自然と習慣化できることから無理なく行っていくことが、ダイエットへの1歩だと思います。
ただ上でも伝えた通り、習慣は面白いので、やってみたら意外と簡単だったり、いつのまにか自然にできていたと感じる方も多いかもしれません。

ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーであることを前提に、自分にできる習慣を取り入れながら、ダイエットに役立てていただければと思います。

これからもお互いダイエットを頑張りましょう。

 

それでは良い1日を!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA