ハーイ!!!キャプテンカルボです。
調子はどですか?
ちょうど1年ほど前に4人の外国人と「2か月半で誰が一番痩せられるのか」という賭けを行いました。
結果、2か月半で20kgほどの減量に成功ししました。
2か月半で20kg痩せたダイエットの方法を解説します!!!

最近は筋トレやダイエットがまたまたブームになり、以前は男性の飲み物であるかのようだったプロテインを女性も飲むような時代になりました。

・プロテインって何か薬みたいだよね?
・プロテインって副作用ないの?
・プロテインってまずいんでしょ?
・プロテインって飲んでも意味ないんでしょ?

現在私はプロテインを愛飲していますが、以前は私も上記のような疑問を持っていました。プロテインについて知れば知るほど、上記の疑問自体が笑えます。
今回はプロテインについて、プロテインとは何なのか?どんな種類があるのか?効果やおいしい摂取方法について徹底解説します。

プロテインとは?

まず最初に、「プロテイン(protein)」を日本語に訳すと「たんぱく質」になります。
プロテインの語源は、古代ギリシャの「プロテイオス」という言葉から来ており、「もっとも重要なもの」という意味であり、3大栄養素(「炭水化物、脂肪、たんぱく質」)の一つです。
又、肉や魚、大豆製品、卵製品、乳製品などに多く含まれる「たんぱく質」ですが、人間の体にとって欠かせない栄養成分であり、皮膚や筋肉だけではなく内臓や爪、髪の毛、ホルモンやヘモグロビンといった形で人間の体を構成しています。

私も以前は、「プロテインって薬みたい」、「副作用があるかも」とか思い込んでいました。あほみたいです…。肉とか魚たべまっくてますが、もちろん副作用もありません。(笑)。
無知とは本当に怖いです。今では愛飲しております。

今回紹介するプロテインは「怪しい粉末(サプリメント)」のほうですが、最近は筋トレやダイエットブーム(ダイエットに関しては昔から)で、女性もプロテインを飲んでいる時代です。
なぜ粉末のプロテインを飲むのか?肉とか魚を食べるだけでは不充分なのか?ということですが、それだと大変効率が悪いんです。

①運動などをしていない方でも、1日に必要なたんぱく質摂取量は体重1kg×1gとなってます。
体重70kgの方の場合、1日のたんぱく質の必要摂取量は70gということです。

②運動をしている方ですと、1日に必要なたんぱく質摂取量は体重1kg×2gとなってます。
体重70kgの方の場合、1日のたんぱく質の必要摂取量は140gということです。

豚モモ肉だけを食べることを例えにして話しますと、豚モモ肉100gに対するたんぱく質含有量は約20gですので、②の運動をしている方で体重70kgの方が140gのたんぱく質を取ろうとすると、1日に700gのブタ肉を食べる必要があります。
それを食べられたとしても、肉には多くの脂質なども含まれているため、肉をひたすら食べても余分に体重が増えてしまうんです。

粉末のプロテインは糖質や脂肪がそれほど多くなく、たんぱく質を多く摂取できるという意味で大変効率よくたんぱく質を摂取する方法になるのです。

プロテインの種類

プロテインには大きく分けて、①「ホエイプロテイン」②「ソイプロテイン」③「カゼインプロテイン」という3つの種類があります。簡単に説明しますと、

①ホエイプロテイン

ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。吸収が早いのが特徴です。

②ソイプロテイン

大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。吸収がゆるやかなのが特徴で腹持ちも良いので、筋力アップではなく、ダイエットをしたいと思っている人にはお勧めです。価格も安いのが特徴です。

③カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするたんぱく質です。ホエイプロテインと比較して吸収がゆるやかなのが特徴です。

プロテインのダイエット効果

たんぱく質は筋肉の材料になり、筋力がアップすれば代謝が上がり、簡単に言えば寝ているだけでもカロリーを消費してくれます。
ホエイプロテインは吸収が早いため、筋トレ前や筋トレ後に摂取することで、筋肉の材料になるため筋トレが好きな人に愛用されています。
基礎代謝をあげるための筋肉の材料になるという意味ではもちろんダイエット効果はあります。

又、女性の場合だと肉や魚を大量に食べることでたんぱく質を取ることは不可能に近いため、腹持ちの良いソイプロテインなどをうまく食事に置き換えることで大いにダイエット効果はあると思います。

※プロテイン1スクープ(1杯)で120kcalほどあるため、食事をしっかりとった上でプロテインも何倍も飲めば太りますのでご注意ください。プロテインを飲むだけで太るわけではありません。

プロテインのおいしい摂取方法

サプリメントのプロテインは大手雑貨屋や薬局、通販、などで買えますが、基本的に1袋の中に1個のスプーンが付属されております。
1杯を1スクープといいますが、それを水で割って飲むのが一般的です。
フレーバー(味)もチョコレート系、バニラ系、柑橘系、ストロベリー系、コーヒー系、シロップ系など数多くの会社が数多くのフレーバーを出しています。
プロテインマニアは「昔はまずかったけど、今はおいしい」というほどおいしくなったそうです。

おいしい摂取方法としては、水ではなく「牛乳」もしくは「豆乳」で割って飲むことです。
めちゃくちゃおいしいです。(水に比べカロリーがあるため注意してください。)
フレーバーによってはブラックコーヒーで割るのもおいしく飲めます。
私も「プロテインなんて邪道!薬じゃん!」って言ってた派ですが、はじめて牛乳や豆乳で割った時の感動はすごかったです。今でも飲んでます。

お勧めのプロテイン

安いという意味で「マイプロテイン」です。
「ザバス」も私はおいしいと思いますが、断然安いのがマイプロテインです。
理由は大量生産だそうです。

1kg単位で購入するほうがお得です。
マイプロテイン 公式 【MyProtein】 Impact ホエイプロテイン (チョコレートシリーズ) 1kg 約40食分【楽天海外直送】

マイプロテインは数多くのフレーバーがありますが、味選びに失敗したくない人は色々なフレーバーを試してから、自分の好みを見つけることをお勧めします。
マイプロテイン MPセレクト プロテインボックス 【20袋入】お試し

まとめ

今回はプロテインについて説明させて頂きましたが、プロテインは怪しい薬ではなく「たんぱく質」です。
食事だけで1日に必要なたんぱく質を摂取することは困難な場合もあるため、サプリメントのプロテインも選択肢の一つではないでしょうか(何度もいいますが、飲みすぎは太るだけです。)
又、効率的にたんぱく質を摂取することが筋力アップやダイエットにつながるため、機会があれば1度試してみることをお勧めします。
健康を祈ってます。

それでは良い1日を!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA